星 周作 Blog

★ 福岡より〇〇をこめて  ★

聖霊と三位一体(その⑨)

前回と同様に本日もイエス・キリストが神であることを他の聖句によって確認したいと思いますが、その前に神の「名」について検討したいと思います。

 

神を知らず、聖書を知らなかった頃、自宅にエホバの証人が訪問して来ました。

いつもは、話など聞くこともないのですが、その日は何故か聞く羽目になりました。

話の中で、神の「名」を知っていますか、と問われましたが、もちろん、神の「名」など知るはずはないし、興味もないと返事をしたように記憶しています。

ただ、エホバの証人が、何故「エホバ」の証人と名乗っているのか、この訪問で初めて知ることになったのです。

 

後年に聖書を読むようになって、文語訳聖書には神の名が「エホバ」と書かれていて、聖書関連の書籍などには「ヤハウェ」と書かれていることを知るようになりました。

しかし、出エジプト記3:13~15を初めて読んでからは、神の名が、「エホバ」や「ヤハウェ」どころか、そもそも神には人間の考えるような名などないし、神に人間のような名など必要もないのでは?と思い始めたのです。

出エジプト記3:13~15をご覧ください。

f:id:hoshishusaku:20180412042857j:image

f:id:hoshishusaku:20180412042911j:image

 

ギリシア神話であれば「わたしの名はゼウスである」と著者は書いたでしょう。

 

聖書が神話や作り話であれば、「わたしの名はヤハウェである」と著者は書いたのではないでしょうか。

 

わたしはある」とは、奇妙で不可思議です。

しかし、私には、この一見すると奇妙な創造主(神)の返答が、本当は不可思議でも何でもなく、聖書の真実性を物語っているように思えてなりません。

 

「人間」という「名」の普通名詞は、他の事物と区別するためにありますが、「大谷翔平」という「名」の固有名詞は他の人間と区別するためにあります。

広辞苑では「名」について、次のように説明しています。

「有形・無形の事物を、他の事物と区別して、言語で表した呼び方。」

 

皆さん、次のことを想像してくれませんか。

人間のあなたという存在が、過去、現在、将来にわたって、この世界に唯一ひとりだと仮定した場合に、あなたに固有名詞の「名」は必要でしょうか。

 

他の事物など存在しない天地万物が創造される遥か以前から時を超えて存在する唯一の創造主(神)に、他の事物と区別するための人間の考えるような「名」などの必要性はなく、無意味なのではないか、とわたしは考えています。

 

天地万物の上に超然として存在される創造主(神)は、他の事物の存在に関係なく存在するのですから、「わたしはある」とお答えになったのは、極めて妥当な答えだったのではないか、とわたしは考えています。

 

神学者や牧師でもない平信徒に過ぎない私も確かな答えを見い出すべく様々な文献を当たり研究中ですが、私が神には人間の考えるような名はないのではないかと思い始めるより前に、内村鑑三は、すでに次のように書いていました。

出エジプト記はもちろん哲学書ではない。これは単純なる歴史である。ゆえにモーセのこの問いに対して、わが名はエホバであるといえばそれで事はすむのである。しかし、まことの神に名の付すべきものがない。日本の皇室に姓の必要なきがごとく、宇宙万物をつかさどる神に名のあるはずはない。もししいて名づけんとするならば、すなわち、「有りて在るもの」である。エホバというも実はかかる意味より出たのであろう。それがいつの間にか深き意味を離れ特殊の名のごとくに思われるようになったのである。」

 <注>「わたしはある」を文語訳聖書では「有りて在るもの」と記しています。

 

皆さんは、どうお考えになりますか。

 

再度、上記の出エジプト記3:14をご覧ください。

「(わたしは)ある。」はヘブル語では「エフイェ(ehyeh)」、英語では「アイ・アム(I am)」、ギリシア語では「エゴー・エイミー(ego eimi)」です。

 

次の聖書箇所をご覧ください。

ヨハネ福音書8:58

f:id:hoshishusaku:20180412042923j:image

 

新約聖書の原語はギリシア語ですが、イエスが言われた「・・・わたしはいる・・・。」が「エゴー・エイミー」です。

つまり、イエスご自身が自ら創造主(神)だと明かされているのです。

 

次回は、創造主(神)を「エホバ」と呼んだり、「ヤハウェ」と呼んでいるのはどういうことなのかを検討したいと思います。

 

 

f:id:hoshishusaku:20190227033640j:plain

https://bible-seisho.jimdo.com/

 

★私は、聖書に書かれている内容を、誰が読んでも明らかに比喩的な言葉を除き、字義通り理解した上で信じています。したがって、創造主である唯一の神の存在を確信し、イエスをキリスト(救い主)と認める者です。しかし、カトリック教会等のいずれの教会にも属していない無教会者です。あらゆる新興宗教のいずれの信者でもありません★

・天地万物の創造主だけが神

・万物・人間を創造せずして神たる資格なし

・商売繁盛の神、龍神など「〇〇神」と「神」の文字をくっつけても、万物を創造せずして神たる資格なし

・釈迦が万物を創造した方なら、釈迦を神と崇めますが、万物・人間を創造せずして拝む対象に非ず。

〈私の信条〉

盲目的ではなく根拠に基づき理性的に、キリストを信じ尽くし、聖書を信じ尽くします。

★星周作(HN)本名:馬場忠博:馬場聖書研究室★

<私は聖書の神を信頼する>

私は、命の源である天地万物の創造主である神が愛をもって私たち人間を創造してくださったと確信しています。愛である神が、天災、戦争、病などの苦難の多い人生で人間の一生を死によってすべて終わらせてしまうとは、私には考えられません。聖書に書かれている通り、神、キリスト・イエスを信じる者たちが、死後復活して神の御国において祝福の中で永遠の命を生きていくことを信じています。そのようにしてくださる神を信頼して、聖書の学びを継続します。

〈イエスを信じる者は永遠の命をもつ〉ヨハネによる福音書3:16)ことを私は確信します。
f:id:hoshishusaku:20170608074434j:image