星 周作 Blog

★ 福岡より〇〇をこめて  ★

当たり前のことなど何一つない

非常に残念でした、サッカー日本代表、ベルギーに敗れてしまいました。

熱烈なサッカーファンというわけでもなく、毎日夜9時頃までには就寝しているので、予選リーグの日本戦さえもリアルタイムで視ることはなく、試合結果だけをニュースで知るだけでした。

ただ、毎日起床する時間が午前2時から3時頃で、今日も午前2時57分に目が覚めたので、午前3時から始まった決勝トーナメントのベルギー戦をリアルタイムで視ることができました。

俄かファンですらない私ですが、日本に勝って欲しいという気持ちだけは当然あったので、勝利を願ってサッカーのペンダント(下の画像)を作ってみました。

また、木彫りを始めたのがサッカー・ワールドカップの開催された2018年だったことを先々思い出すために、このペンダントを作ることを思い立ったのです。

 
f:id:hoshishusaku:20180702071706j:image

↑ 下書きの絵


f:id:hoshishusaku:20180702071719j:image

↑ 少し大きめのペンダントですが、敢えて大きめにしました。

 

木彫教室は月2回で、教室で先生からアドバイスを受け、あとは自宅で黙々と彫り続けていますが、実に楽しいですね。

桂やシナなどの木が比較的彫りやすいことなど、木彫りをする素材の木の性質(硬軟や木目など)も少しずつ分かってきました。

 今後作りたい作品が沢山あって頭の中で色々とイメージしています。

狭い室内ですが天上から吊り下げるなどして部屋中を木彫りの作品で埋め尽くしたいと考えています。

 

さて、本日のテーマに入ります。

 

太陽が東から昇ること、地球に重力があること、数え切れない動植物が息づいていること、食事を美味しくいただくことができる味覚があること、お気に入りのミュージックを聴くことができる聴覚があること、花々や絵画を見て美しいと感じることができる視覚があること、これら全てのことを当たり前と考え、特に意識することもなく日常生活を営んでいる私たち人間です。

 

しかし、イギリスの「説教者の中の説教者」と言われたC・H・スポルジョンがネヘミヤ書9章6節をもとに語った説教を読んでいると当たり前のことなど何一つないことを改めて心に刻むことができるのです。

 

ネヘミヤ書9:6

f:id:hoshishusaku:20180702045820j:image

 

以下、C・H・スポルジョンの説教を少し長いですが引用します。

「主にとって不可能なことは何もありません。主の力の偉大さを知ってください。宇宙にあるすべての力は神から出たものです。それは今も変わりはありません。神の命令があれば、今すぐにでもこの世界は存在しなくなります。無生物の中にあるどのような力であろうと、そこにも神が働いておられます。神は自然の変転をすべて支配し、神が命令すればそれらは動きを止めてしまいます。ケルビム、セラフィム、御使い、人間の中にあるどのような精神的働きも、神の創造的なエネルギーによってその力が与えられているのです。主なる神が望めば、太陽の周りを回る惑星は定められた軌道を外れ、崩壊することもあり得ます。すべてのものを一定の場所に保っている重力の法則は、神がその法則に力を与えているその力を無にしてしまえば、たちまち作用しなくなります。主なる神が身を引けば、原子同士の結合も力を失います。その結果、それらは分解し、存在しなくなり、宇宙は全く何もないところ、無となるのです。この力は非常に強力です。ですから、ネヘミヤとともに、『ただ、あなただけが主です。あなたは天と、天の天と、その万象を、地とその上のすべてのもの、海とその中のすべのものを造り、そのすべてを生かしておられます。そして、天の軍勢はあなたを伏し拝んでいます』(ネヘミヤ書9:6)と賛美し、叫んで当然なのです。偉大な私たちの神は、ほかからは何の助けも受けずすべてのことをなさる方です。神は助手を必要とはなさいません。そのような手助けは、神には全く不必要です。というのは、すべての力は神から出ているからです。造られたものの力は神にとっては何の助けにもなりません。造られたものは、ただ神のことを証しするだけだからです。そして、神からお借りした力を示すだけなのです。神はご自分の目的を達成するために、私たちの協力、助けを求めることはありません。というのは、神は望むがままに行動なさる方、そして、全能の方だからです。」

 

<注>上記の本文中に出て来るケルビム、セラフィムとは、数多くいる御使い(天使)の中でも上位の御使い(天使)のことです。このケルビム、セラフィムについて本年2月7日のブログ「天使、サタン、悪霊(その④)」で取り上げていますので、未読の方はこちらもご覧ください。

hoshishusaku.hatenablog.com

 

「親が子を愛することは当たり前」とほぼ全ての人が口にすることでしょう。

しかし、愛する心を人間に授けてくださったのも創造主(神)です。

当たり前のことなど何一つありません。

全ては創造主(神)から出ているのです。

創造主(神)に感謝し、創造主(神)の栄光を賛美します。

アーメン

 

本日は、以上です。

  

ブログアップは日曜日・火曜日・木曜日の週3回です。

次回は7月5日(木)にアップします。

f:id:hoshishusaku:20180427063953j:plain

https://bible-seisho.jimdo.com/



★私は、聖書に書かれている内容を、誰が読んでも明らかに比喩的な言葉を除き、字義通り理解した上で信じています。したがって、創造主である唯一の神の存在を確信し、イエスをキリスト(救い主)と認める者です。しかし、カトリック教会等のいずれの教会にも属していない無教会者です。あらゆる新興宗教のいずれの信者でもありません★

・天地万物の創造主だけが神

・万物・人間を創造せずして神たる資格なし

・商売繁盛の神、龍神など「〇〇神」と「神」の文字をくっつけても、万物を創造せずして神たる資格なし

・釈迦が万物を創造した方なら、釈迦を神と崇めますが、万物・人間を創造せずして拝む対象に非ず。

〈私の信条〉

盲目的ではなく根拠に基づき理性的に、キリストを信じ尽くし、聖書を信じ尽くします。

★(HN)星周作:(本名)馬場忠博(1956年生):馬場聖書研究室★

<私は聖書の神を信頼する>

私は、命の源である天地万物の創造主である神が愛をもって私たち人間を創造してくださったと確信しています。愛である神が、天災、戦争、病などの苦難の多い人生で人間の一生を死によってすべて終わらせてしまうとは、私には考えられません。聖書に書かれている通り、神、キリスト・イエスを信じる者たちが、死後復活して神の御国において祝福の中で永遠の命を生きていくことを信じています。そのようにしてくださる神を信頼して、聖書の学びを継続します。

〈イエスを信じる者は永遠の命をもつ〉ヨハネによる福音書3:16)ことを私は確信します。

f:id:hoshishusaku:20180519173944j:plain