星 周作 Blog

★ 福岡より〇〇をこめて  ★

メシア預言(その①)

木彫をコツコツやっていますが、木彫教室の課題とは別のものを作りたくて、低価格の電動糸ノコを購入しました。

f:id:hoshishusaku:20180614045148j:plain

 

電動糸ノコを使うのは初めてなので、まずは練習として単純な形状のリンゴを作ることにしました。

f:id:hoshishusaku:20180614045231j:plain

 

それからルーター(下の画像)という器具も購入し使ってみたのですが、低価格の割に優れもので木彫の際に細かな作業が出来るので今後電動糸ノコと一緒に駆使して複雑な作品にチャレンジしようと考えています。

タバコを吸わない、酒も飲まないのでスナックや居酒屋にも行くことがないので、これらの器具購入の出費ぐらいは許されるだろう、と自分に納得させています(笑)。

f:id:hoshishusaku:20180614045324j:plain

 

下の画像はアメリカ人の作品ですが、これが私の目指しているリアル・アニマル木彫です。

何年先になるか分かりませんが必ずやり遂げたいと思っています。

右の画像のような色々な種類のアニマル・ペンダントを作りたいですね。

f:id:hoshishusaku:20180614045419j:plain

 

さて、本日のテーマに入る前に前回取り上げたテーマに付け加えたいことがあります。

前回、「人は、神(御使い)よりいくらか劣るものとして創造された」という詩篇8:5を引用して、古代人の知能指数は現代人より低いわけではなく、逆に現代人よりも極めて高い能力を持っていたはずだと書きました。

ただ、人間の全てが同一均質の高い能力ではなく、創造主(神)から授けられた能力、つまり、賜物は人それぞれ異なるものが授けられているのです。

 

創造主(神)の御言葉が記されている聖書を書いた記者も創造主(神)から授けられた高い能力と聖霊の導きによって聖書を書くことが出来たのであって、その書かれている内容を読めばわかる通り、現代人よりも高い知的水準にあったことが理解できます。

 

聖書を一度も読んだことのない人たちは、遠い昔に書かれた聖書などは古臭く幼稚な神話が書かれている程度の代物と頭の片隅で思い込んでいるきらいがないでしょうか。

私自身も聖書を学ぶ前までは少なからずそんな印象を勝手に抱いていたようです。

聖書を書いた記者の知的水準は現代人よりも高いのです。

一人でも多くの人たちが一日でも早く知的水準の高い聖書を学ばれることを心より願います。アーメン。

知的水準が高いと言っても決して難しいことが書かれているという意味ではなく、「真理」という宝石が散りばめられた書という意味で知的水準が高いのです。

 

さて、本日のテーマに入ります。

「救い主」のことをヘブル語では「メシア」、ギリシア語では「クリストス、日本語カタカナ表記でキリスト」、英語では「クライスト」です。

人間がアダムから引き継いだ罪から解放されて永遠のいのちに至る、つまり、救われるためには、「救い主」の御力が必要です。

人間を救う御力は、人間を創造した「創造主(神)」しかお持ちになっていないはずですから、「救い主」メシアは創造主(神)だということになります(救い主が神であることは過去の当ブログで書いてきているので詳細は省略)。

 

旧約聖書には将来メシアが現われるとする預言が50箇所以上記されていると言われています。

そして、このメシア預言はメシアが将来二度に渡って現れると記されてもいるのです。

最初の現われが「初臨」に関する預言であり、後の現われが「再臨」に関する預言なのです。

当ブログでは主に「初臨」に関する預言について検討したいと思います。

 

まず、次の聖書箇所をご覧ください。

数あるメシア預言の中の代表的なものです。

イザヤ書7:13~14

f:id:hoshishusaku:20180614044827j:image

 

この聖句をマタイの福音書1:23で引用しています。

 

マタイの福音書1:21~23

f:id:hoshishusaku:20180614044853j:image

 

イザヤ書9:6

f:id:hoshishusaku:20180614044840j:image

 

上記の聖句が記されているイザヤ書について少し触れたいと思いますが、いのちのことば社新改訳聖書の注解書にイザヤ書について簡潔に書かれているので、これを引用することでイザヤ書の説明とさせていただきます。

「この書は、預言者イザヤに啓示された託宣が記されているので、『イザヤ書』と呼ばれる。本書は、聖書中他に類例を見ないほど、その内容と表現力に優れ、最も偉大な書、崇高な書と評価されている。本書は旧約聖書中、最も多く新約聖書に引用され、そのメッセージはきわめて福音的である。さらに、キリストの生涯が預言されているところから、『第五福音書』とも呼ばれる。・・・中略・・・イザヤの父はアモツである。伝承によれば、イザヤはユダの王アマツヤの兄弟であり、したがってウジヤ王のいとこと言われている。その真偽のほどは不明であるが、彼が預言者として、直接王たちに忠告を与える立場にあったことは確かである。彼はウジヤ王の死んだ年(前742年ごろ)に召命を受け(イザヤ6:1)ヨタム王、アハズ王、ヒゼキヤ王(イザヤ1:1)、さらにマナセ王の時代まで、約50年もの年月を預言者として活動した。」

 

預言者イザヤは、イエス・キリストが処女マリアから生まれる約700年以上も前にメシア預言していたことになります。

仮にこれを日本の現在の2018年から700年前に遡るとすると、おおよそ鎌倉時代に相当する時代に、ある特定の重要人物の誕生を預言していたということになるのです。

本日はここまでです。次回に続く。

 

ブログアップは日曜日・火曜日・木曜日の週3回です。

次回は6月17日(日)にアップします。

f:id:hoshishusaku:20180427063953j:plain

https://bible-seisho.jimdo.com/

 


★私は、聖書に書かれている内容を、誰が読んでも明らかに比喩的な言葉を除き、字義通り理解した上で信じています。したがって、創造主である唯一の神の存在を確信し、イエスをキリスト(救い主)と認める者です。しかし、カトリック教会等のいずれの教会にも属していない無教会者です。あらゆる新興宗教のいずれの信者でもありません★

・天地万物の創造主だけが神

・万物・人間を創造せずして神たる資格なし

・商売繁盛の神、龍神など「〇〇神」と「神」の文字をくっつけても、万物を創造せずして神たる資格なし

・釈迦が万物を創造した方なら、釈迦を神と崇めますが、万物・人間を創造せずして拝む対象に非ず。

〈私の信条〉

盲目的ではなく根拠に基づき理性的に、キリストを信じ尽くし、聖書を信じ尽くします。

★(HN)星周作:(本名)馬場忠博(1956年生):馬場聖書研究室★

<私は聖書の神を信頼する>

私は、命の源である天地万物の創造主である神が愛をもって私たち人間を創造してくださったと確信しています。愛である神が、天災、戦争、病などの苦難の多い人生で人間の一生を死によってすべて終わらせてしまうとは、私には考えられません。聖書に書かれている通り、神、キリスト・イエスを信じる者たちが、死後復活して神の御国において祝福の中で永遠の命を生きていくことを信じています。そのようにしてくださる神を信頼して、聖書の学びを継続します。

〈イエスを信じる者は永遠の命をもつ〉ヨハネによる福音書3:16)ことを私は確信します。

f:id:hoshishusaku:20180519173944j:plain