星 周作 Blog

★ 福岡より〇〇をこめて  ★

天使、サタン、悪霊(その①)

 「奇蹟とは何であるかといふに、奇蹟とは神の事蹟であるといふまででございます。」と内村鑑三はその著書に書いています。

 

創造主(神)の一つ一つの御業全てが奇蹟なのです。

創造主(神)の御業がなければ、私たち人間は存在しえません。

今、地球に存在していること自体が奇蹟です。


f:id:hoshishusaku:20180203045218j:image

 

アダムの罪によって、土地はのろわれて、人間は一生苦しんで食を得なければならなくなりました(創世記3:17)。

しかし、創造主(神)は、人間を見棄てたわけではありません。

マタイの福音書6:26
f:id:hoshishusaku:20180203062753j:image

 

魚貝類の海の幸や自然の幸によって充分に養ってくださっています。

 

ただ、飢餓で苦しんでいる人々が地球のいたるところで溢れています。

しかし、すべての人間が争いを止めて、隣人に愛を示して、お互いに分かち合えば、充分過ぎる食物を創造主(神)は備えてくださっています。

「いや、そんなことはない。人間は鳥などの動物とは違う。農家の人たちの作った農産物で養われている。」という声が聞こえてきそうです。

創造主(神)の関与なしに人間だけの力で作物を得ているのでしょうか。

植物の栄養の3要素の窒素、リン酸、カリウムはどこからきたのでしょうか。

もちろん、創造主(神)が窒素、リン酸、カリウムも創造されたのです。

勘違いしてはならないのです。

創造主(神)の見えない御業(奇蹟)によって、今この瞬間も地球の全生命が養われていることを!

 

ヘブル人への手紙1:2~3 では、御子(イエス・キリスト)が万物を創造し、万物の秩序を保ち、そして養っていると記しています。
f:id:hoshishusaku:20180204032408j:image

 

ヨブ記34:14~15をご覧ください。
f:id:hoshishusaku:20180203141114j:image

今、私たちが生きて活動出来ているのは、決して当たり前ではないのです。

創造主(神)の霊と息によって生命が維持されていることを忘れてはならないのです。 

 

さて、本日から、聖書に基づき、天使、悪魔、悪霊について検討したいと思います。

 

次の聖書箇所をご覧ください。

マタイの福音書26:53

f:id:hoshishusaku:20180203042759j:image

イスカリオテのユダの裏切りにより、イエスが逮捕される際に語ったことばです。

御使いとは「天使」のことですが、「十二軍団よりも多くの御使い」という表現から数多くの天使が存在することを知ることができます。

 

マタイの福音書4:8~11

f:id:hoshishusaku:20180203042811j:image

エスが本格的な活動(公生涯)をする前に荒野(あらの)で悪魔サタンの誘惑を受けるが、その誘惑を退ける場面です。

 

マルコの福音書1:23~26

f:id:hoshishusaku:20180203042826j:image

汚れた霊とは「悪霊」のことです。

 

私は、聖書が真理の書であると信じる前までは、天使、悪魔、悪霊の存在を信じることはありませんでした。

しかし、聖書が真理の書であり、とりわけイエス・キリストが真理であること(ヨハネ14:6)を確信してからは、天使、悪魔、悪霊が存在することを信じることができるようになりました。

 

上記3ヶ所の聖書記事でエスご自身が、天使の存在を語り、悪魔と対峙し、悪霊を追い出しました。

もし、天使、悪魔、悪霊が存在しないとしたら、イエスはウソつきか、狂人だということになるでしょう。

 

クリスチャンの中で、天使、悪魔、悪霊の存在を信じない人たちがいるようです。

聖書を信じないし、イエスももちろん信じない人が、天使、悪魔、悪霊の存在を信じないのは当然でしょうが、私の理解するクリスチャンとは、イエスの全存在に信頼を寄せ、とりわけ、イエスのことばを何よりも確信する人たちのはずが、イエスは信じるが、天使、悪魔、悪霊の存在は信じないという論理は、私には理解できません。

 

エスご自身が、天使、悪魔、悪霊について明確に語りました。

 

エスを信じた私は、イエスが語った天使、悪魔、悪霊の存在を信じることは当然です。

 

悪魔について、私が読んでいるmanna(マナ)という月刊誌に次のように書かれています。

「悪魔に関して気をつけなければならない誤解が二つあります。第1は、存在しないと思い込むことです。第2は、その逆にまことの神と対等の力(全知や全能、偏在)をもっていて、神と悪魔が勝つか負けるかわからない死闘を繰り広げているという(ハリウッドお得意のオカルト映画並みの)誤解をすることです。人間にこの二つの誤解をさせることを悪魔は最も願い、また得意技としています。実のところは、悪魔は霊的存在として実在しますが、神と対等の力をもっていることなどありえません。私たち人間に誘惑を仕掛けることによって、私たち自身が、いわばオウンゴール(自分の責任による失点)で罪を犯し、自滅するのを待っているのです。私たちは、悪魔を存在しないとも巨大であるとも勘違いしないようにしましょう。」

 

f:id:hoshishusaku:20180203042900j:image

 

タイトル「天使、悪魔、悪霊」が何回続くか分かりませんが、今後も宜しくお願いします。

次回に続く。

f:id:hoshishusaku:20180926062515p:plain

https://bible-seisho.jimdo.com/



★私は、聖書に書かれている内容を、誰が読んでも明らかに比喩的な言葉を除き、字義通り理解した上で信じています。したがって、創造主である唯一の神の存在を確信し、イエスをキリスト(救い主)と認める者です。しかし、カトリック教会等のいずれの教会にも属していない無教会者です。あらゆる新興宗教のいずれの信者でもありません★

・天地万物の創造主だけが神

・万物・人間を創造せずして神たる資格なし

・商売繁盛の神、龍神など「〇〇神」と「神」の文字をくっつけても、万物を創造せずして神たる資格なし

・釈迦が万物を創造した方なら、釈迦を神と崇めますが、万物・人間を創造せずして拝む対象に非ず。

親鸞日蓮など、人格が高潔であり尊敬できる方であっても、万物・人間を創造せずして拝む対象に非ず。

〈私の信条〉

盲目的ではなく根拠に基づき理性的に、キリストを信じ尽くし、聖書を信じ尽くします。

★星周作(HN)本名:馬場忠博:馬場聖書研究室★

<私は聖書の神を信頼する>

私は、命の源である天地万物の創造主である神が愛をもって私たち人間を創造してくださったと確信しています。愛である神が、天災、戦争、病などの苦難の多い人生で人間の一生を死によってすべて終わらせてしまうとは、私には考えられません。聖書に書かれている通り、神、キリスト・イエスを信じる者たちが、死後復活して神の御国において祝福の中で永遠の命を生きていくことを信じています。そのようにしてくださる神を信頼して、聖書の学びを継続します。

〈イエスを信じる者は永遠の命をもつ〉ヨハネによる福音書3:16)ことを私は確信します。
f:id:hoshishusaku:20170608074434j:image