星 周作 Blog

★ 福岡より〇〇をこめて  ★

創造か、進化か(その⑫)

前回の続き。 

成獣(大人)ではない比較的小さい恐竜もノアの箱舟に乗ったと、前回書きました。

恐竜は「恐ろしい竜」だったのでしょうか?


f:id:hoshishusaku:20180126064603j:image

 

恐竜という言葉は「dinosaur(ダイナソー)」はdeinos(ディノス・恐ろしい)とsaurosu(サウルス・とかげ)をくっつけた語で、「おそろしいとかげ」という意味です。

「とかげ」を一字で表す漢字がないことから「竜」という字を使い、日本では「恐竜」という言葉が定着したということです。

「dinosaur(ダイナソー)」という語を初めて使ったのは、古生物学者で大英博物館の館長を務めたイギリスのリチャード・オーエン(1804年~1892年)です。

 

映画などでは、大きくて凶暴な恐ろしい肉食動物として描かれることが多いのですが、恐竜は本当に恐ろしい竜だったのでしょうか。

優しい竜だったのでは。

 

発掘される多くの恐竜の化石から分かっていることは、恐竜全体の約95%は植物食で、肉食はわずか5%だそうです。

そして、20メートルを超えるような巨大恐竜はすべて植物食だということです。

全ての恐竜は巨大な生き物と思われがちですが、コンプソグナトゥスという恐竜は1メートルに満たないそうです。

 

仮に、キリンやゾウが2千年前に絶滅していて、キリンやゾウの存在を知らないで化石が発見された場合、どのような姿で復元するのでしょうか。

恐竜と同じように恐いイメージで復元想像図を描くかもしれません。

卵を産む爬虫類の一種とされる恐竜と哺乳類の動物を同列に論じることはできませんが、生存していた時の恐竜は恐ろしい竜ではなくキリンやゾウのように優しい動物だったのでは・・・?

 

話は変わりますが、宇宙の遥か彼方の惑星に宇宙人が存在しているでしょうか?

 

f:id:hoshishusaku:20180126125351j:image

 

上の写真は、1977年に公開されたアメリカ映画「未知との遭遇」の一場面です。

 

未知との遭遇以前の宇宙もののSF映画のチャチなUFOと全く異なり、スクリーンの中に飛び交うリアリティのある小型の宇宙船と巨大な母船に度肝を抜かれ感動し、レンタルのない時代でしたので何度も映画館に行って見たものです。

 

公開当時の私は聖書の天地万物の創造主(神)を知らない頃だったので、広大な宇宙のどこかに地球と同じような環境の惑星があるはずだから、きっと宇宙人もいるはずだと思っていました。

多くの人たちは今でもそのように思っているようです。

 

しかし、この「地球と同じような環境の惑星があるはずだから、きっと宇宙人もいるはずだ」との考えは、まさに、進化論に影響されている考え方であり、創造主(神)が天地万物を創造したとする聖書の教えを否定する思考だと思います。

なぜなら、仮に地球と同じような環境の惑星があったとしても、創造主(神)が宇宙人を創造しないことには存在しえないからです。

創造主(神)の関与なしに、同じ環境があるというだけで宇宙人が存在するはずだと考えるのは、宇宙人という生命が長い年月を経て存在するようになったとする進化論そのものの思考パターンなのです。

 

進化論の思考パターンではなく、創造論の思考パターンであれば、創造主(神)の意思があれば、地球と同じような環境がなく全く異なる環境でも、創造主の御業によって生物が創造されるはずと考えるはずです。

 

 

人間は、創造主(神)のかたちに似せて創造されました(創世記1:26)

創造主(神)のかたちに似せて創造されるほど愛した人間のために天(宇宙)と地球、そして動植物などの万物を創造してくださったのです。

愛の証しとして、究極的には、創造主(神)は人間の罪の贖いのために独り子イエス・キリストを遣わしてくださいました。

 

これ程までに人間を愛してくださった創造主(神)が、わざわざ、地球と同じような環境の星を創造し、かつ、生命を創造するとは、私にはどうしても考えられません。

 

映画「未知との遭遇」を見た時の私と異なり、天地万物の創造主(神)の存在を知っている今の私は、地球以外の惑星に宇宙人だけでなく微生物の存在さえも信じることはありません。

 

次回に続く。




★私は、聖書に書かれている内容を、誰が読んでも明らかに比喩的な言葉を除き、字義通り理解した上で信じています。したがって、創造主である唯一の神の存在を確信し、イエスをキリスト(救い主)と認める者です。しかし、カトリック教会等のいずれの教会にも属していない無教会者です。あらゆる新興宗教のいずれの信者でもありません★

・天地万物の創造主だけが神

・万物・人間を創造せずして神たる資格なし

・商売繁盛の神、龍神など「〇〇神」と「神」の文字をくっつけても、万物を創造せずして神たる資格なし

・釈迦が万物を創造した方なら、釈迦を神と崇めますが、万物・人間を創造せずして拝む対象に非ず。

親鸞日蓮など、人格が高潔であり尊敬できる方であっても、万物・人間を創造せずして拝む対象に非ず。

〈私の信条〉

盲目的ではなく根拠に基づき理性的に、キリストを信じ尽くし、聖書を信じ尽くします。

★星周作(HN)本名:馬場忠博:馬場聖書研究室★

<私は聖書の神を信頼する>

私は、命の源である天地万物の創造主である神が愛をもって私たち人間を創造してくださったと確信しています。愛である神が、天災、戦争、病などの苦難の多い人生で人間の一生を死によってすべて終わらせてしまうとは、私には考えられません。聖書に書かれている通り、神、キリスト・イエスを信じる者たちが、死後復活して神の御国において祝福の中で永遠の命を生きていくことを信じています。そのようにしてくださる神を信頼して、聖書の学びを継続します。

〈イエスを信じる者は永遠の命をもつ〉ヨハネによる福音書3:16)ことを私は確信します。
f:id:hoshishusaku:20170608074434j:image