星 周作 Blog

★ 福岡より〇〇をこめて  ★

目から鱗が落ちる → 奇跡

「目から鱗が落ちる」略して「目から鱗」の意味は、あることがきっかけとなって、迷いから覚めたり、物事の実態が理解できることのたとえ。

 

そもそも「目から鱗が落ちる」は、新約聖書の中の使徒言行録・第9章の記事が語源。

 

この聖書の記事を写真引用します。


f:id:hoshishusaku:20161124052757j:image

 

キリスト教徒を迫害しようとしたユダヤ教徒のサウロは天からの光で失明したが、イエス・キリストによって遣わされた弟子のアナニヤがサウロに手を置くとたちまち目から鱗のようなものが落ちて元通り見えるようになった奇跡。

 

多くの方が聖書に書かれた奇跡は、ウソ作り話だと思っていることでしょう。

 

確かに、自分の目の前で見る経験をしないと中々信じることは出来ないのが普通でしょうね。

 

 もちろん、私も見たわけではありません。

 

ただ、ウソ作り話なら、「イエス・キリストが 、サウロの目に手を置くと元どおり見えるようになった」と書くだけで十分ではないでしょうか。

 「目からうろこのようなものが落ち」という表現は不要だし、事実で無ければ思いつかない表現だと私は考えます。

 

事実であったからこそ聖書の記者はその事実を素直に書いたのでしょう。

 

 

★私は、創造主である唯一神の存在を確信しイエスを救い主(キリスト)と認める者ですが、カトリック教会等のいずれの教会にも属していない無教会者です。あらゆる新興宗教のいずれの信者でもありません。宜しくお願いします。★

 ・・・星周作(1956年生まれ)・・・

 

ビル・ゲイツマイクロソフト創業者

「世界が偶然できたというのはナンセンス「神が存在すると信ずるのは筋が通っている」・・・2014年3月米ローリングストーン誌のインタビューに答えて