星 周作 Blog

★ 福岡より〇〇をこめて  ★

海外ミステリー

色々な海外ミステリーを読んできましたが、30数年前に読んだレイモンド・チャンドラーの「長いお別れ」が不動のベスト1です。

清水俊二訳が、文体にユーモア、ペーソス、そして高貴さが漂い最高の読書体験ができました。

数年前には、ベストセラー作家の村上春樹が翻訳していましたが、あまり評価はよくないようですね。

f:id:hoshishusaku:20161007074247j:plain

f:id:hoshishusaku:20161007074315j:plain

最近読んだ二見文庫・グレン・ミード「雪の狼(SNOW   WOLF)」は、海外ミステリーの中でベストテンに入る面白さでした。最高評価の★★★★★です。

f:id:hoshishusaku:20161007074424j:plain

f:id:hoshishusaku:20161007074443j:plain

★タバコは喫いません。酒はあまり飲みませんが、梅酒をちょっとだけ飲んでいます。趣味は、主に海外ミステリ、時代小説を読むこと。江戸川乱歩や江戸時代の風俗、レトロなものをみることが好きです。あとは、たまに散歩とスイミングをします★

・・・星周作(1956年生まれ)・・・

 

広告を非表示にする