読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星 周作 Blog

★ 福岡より〇〇をこめて ・ ヒゲおやじの独り言 ★

心が貧しい人って、どんな人?

先生・先生と呼ばれてふんぞり返る政治家、社長・社長と呼ばれてふんぞり返る人、分不相応のお金を持って他人(ヒト)を見下す人、分不相応の地位を得て他人(ヒト)を見下す人、こういう人を見るとイエス・キリストの「山上の垂訓」(新約聖書・マタイによ…

落語をマンガで味わう

滝田ゆうワールドならではの独特のタッチが落語によく合います。 私の好きな落語「王子の狐」いいですねぇ~ 人間を騙そうと色っぽい年増の小唄の師匠に化けた狐でしたが・・・ ★タバコは27歳頃に止めました。焼酎、ウィスキーを毎日飲んでいましたが、3…

オシロイを塗ってクシをさしたお相撲さん

きょうは大相撲九州場所千秋楽。 一番一番自分の力を出し切る嘉風の相撲が観ていて清々しく気持ちいい! 流血もなんのその、気にする素振りも見せない嘉風 顔面の生傷が絶えない嘉風、ガンバレ! 相撲と言えば、関取のチョンマゲ大銀杏(おおいちょう)です…

これは何? 恐竜 カバ ゾウ

恐竜? カバ? ゾウ? 旧約聖書 のヨブ記40:15~に、神ヤハウェが造ったとするベヘモットという獣の記事があります。 その記事を写真引用します。 このベヘモットという獣は何でしょう? 恐竜だと言う学者もいれば、そうじゃないカバ(河馬 )だ、ゾウだ…

クリスマスは祝いますか? 

世の中では、クリスマス商戦に突入したようですね。 クリスマス12月25日は、一般的にはイエス・キリストの誕生日だと認識されています。 ただ、聖書のどこを探してもイエス・キリストの誕生日が12月25日とする記事はないし、証明する他の資料もなく…

目から鱗が落ちる → 奇跡

「目から鱗が落ちる」略して「目から鱗」の意味は、あることがきっかけとなって、迷いから覚めたり、物事の実態が理解できることのたとえ。 そもそも「目から鱗が落ちる」は、新約聖書の中の使徒言行録・第9章の記事が語源。 この聖書の記事を写真引用しま…

うどん好き → 私は貝になりたい

うどん屋さんではゴボウ天うどんを注文することが多い。 そして、決まって思い出すのは、小学生の時に視たフランキー堺主演の「私は貝になりたい」 戦争中に捕虜に良かれと思って出したゴボウ料理を、アメリカ兵の捕虜に木の根を食べさせて虐待したとして戦…

鬼十則 → 花金なし → サタデーナイトフィーバー

20代後半に勤めていた会社の社長が、今話題の電通の「鬼十則」がお気に入りで、朝礼時に従業員全員に唱和させるような会社だったので有給休暇は全くなく、週休一日すら取れたり取れなかったり、週休二日など夢のまた夢、当然花金などの気分になれず。 やっ…

あなたは007をどう発音しますか?

ジェームズ・ボンドの殺しのライセンス「007 」をどう発音しますか? 「ゼロゼロ・セブン」派 それとも 「ダブル・オー・セブン」派 「0」は数字だから「オー」と発音するのは可笑しいとする意見も有りそうですが、わたしの好みは、「ダブル・オー・セブ…

何故か今、仮面ライダー

1971年に初めて仮面ライダーが放送されたときの世代なので、仮面ライダーと言えば藤岡弘主演の仮面ライダー1号しか知らないのですが、ユーチューブで偶然聴いた「仮面ライダーBLACK RX」のテーマソングにはまりました。 これは、名曲ですね。 宮内タカ…

ミーハーって何? → 長谷川一夫 → ちかえもん

ミーハーって何? ミーハーとは、1927年(昭和2年)に公開された松竹映画『稚児の剣法』でデビューした林長二郎(後の長谷川一夫)のファンのために作られた言葉である。 松竹は林のデビューに当たり、当時で二万円という巨費を投入してこの美貌の俳優…

武士の一分

昔、この時代小説の書名「隠し剣秋風抄」とカバー装画を書店で目にしたとき、剣の達人が登場して活躍するだけのチャンバラ小説で面白くないだろうと思い、買うことを躊躇しつつ購入し、あまり期待せず読んでみたら、これが大当たり! さすが、藤沢周平です。…

武士道とは・・・・・

「武士道とは死ぬことと見つけたり」 今回読了した隆慶一郎著「死ぬことと見つけたり」は「葉隠」をモチーフにした時代小説です。 葉隠 (はがくれ)とは、江戸時代中期に書かれた書物。肥前佐賀鍋島藩士・山本常朝(じょうちょう)が武士としての心得を口述…

英雄が嫌い 権力が嫌い へそ曲がり

英雄嫌い、権威・権力嫌いの筋金入りのへそ曲がり山本周五郎先生! (出典:雑誌「サライ」) 弱者や日の当たらない人々の側にたった作風で数多くの時代小説を出していますが、英雄嫌いの周五郎先生は、織田信長や豊臣秀吉などの英雄を主人公にした作品を描…

🎥 山椒大夫 安寿と厨子王の物語

ありがたや ありがたや 有難や、ネット無料図書館「青空文庫」重宝してます。(*^_^*) 遅ればせながら、森鴎外著「山椒大夫」を読みました。 続いてユーチューブでも視聴しました。 無料で良質の作品を楽しむことができるのは、有り難いことです。 小説では…

名探偵は誰だ?

名探偵は誰でしょう。 国内では、明智小五郎、金田一耕助、江戸川コナン 、古畑任三郎、ガリレオなど。 海外では、ホームズ、ポアロ、コロンボ、ミス・マープルなど。 ちょっと待っていただきたい! フィリップ・マーロウを忘れないで欲しい! ハードボイル…

スカーフェイス アル・パチーノの凄味

何度観ても面白い! ギャング映画の傑作中 の傑作「スカーフェイス」(日本公開1984年) アル・パチーノの凄味ある怪演に注目! アル・パチーノとのファーストコンタクトは、ゴッドファーザーでした。 そもそも主演のマーロン・ブランドを視ることが目的だっ…

遊戯シリーズ3本 松田優作

遊戯シリーズ3本「最も危険な遊戯」「殺人遊戯」「処刑遊戯」 正直、3本ともストーリーは面白くも何ともないです。 ただ、松田優作ファンとしては堪らない3作品なんです。 カッコイイの一言に尽きる! 惚れ惚れするぐらい革ジャン、トレンチコート、サン…

りりィ 処刑遊戯 直子のテーマ

りりィさんのヒット曲「私は泣いています」 当時、私も口ずさみました。 しかし、私にとって、りりィさんの 曲と言えば、松田優作さん と共演した「処刑遊戯」の「直子のテーマ」が超最高に好みです。 松田優作さんの大ファンで遊戯シリーズの中の特に処刑遊…

泣き言はいわない

★タバコは27歳頃に止めました。焼酎、ウィスキーを毎日飲んでいましたが、30歳頃にビール以外は飲まなくなり、今は、梅酒をちょっとだけ飲んでいます。趣味は、主に海外ミステリー、山本周五郎作品などの時代小説を読むこと。江戸川乱歩ファンで江戸時代…

伊達者、馬上少年過ぐ、伊達政宗

伊達者と言えば、もちろん本家本元・伊達政宗! 伊達者、「だてしゃ」又は「だてもの」を辞書でひくと、粋でおしゃれな人、しゃれた身なりの人、ダンディなど。 政宗の身にまとった衣装はどれも伊達者と賞賛されるに十分な斬新なデザインと色調を備えていま…

よっ男前・丹下左膳!日本映画の最高傑作

イケメンにはほど遠く不細工、だけど最高の男前「大河内傳次郎の丹下左膳」! 山中貞雄監督の「丹下左膳餘話・百萬両の壺」は、黒澤明監督の「七人の侍」などと並ぶ日本映画の最高傑作のひとつでしょう。 ユーチューブで127000回を超える視聴回数。 <…

酔って候、鯨海酔侯(げいかいすいこう)

久しぶりに柳ジョージの「酔って候」をユーチューブで聞きました。 www.youtube.com この曲に出会ったのは22歳頃で、私自身も一日も欠かすことなくウィスキーと焼酎をあおっていました。 20代後半は、精神的にも肉体的にも厳しい仕事に就いていてストレ…

坂本龍馬は〇〇だった?

写真の坂本龍馬の額の生え際が不自然に後退しているような気がします。 単なる若ハゲ、それとも・・・そのわけは後程。 唐突ですが、私が小説を読むようになったのは、高校生の時からです。 それも好んで読んでいたわけじゃなく、その頃付き合っていた彼女が…

真田幸村は颯爽としたイケメン?

NHK大河ドラマ「真田丸」がクライマックスを迎えようとしているようですね。 時代小説の他、歴史小説も好きで、真田幸村のファンですが、テレビは全く視ていません。 特別理由はないのですが、何故か視ようという気が起きないんです。 映像よりも小説・文…

アゴ、おーい、葛飾応為

江戸を漫画で楽しむ。 杉浦日向子著の「百日紅」(さるすべり)は、葛飾北斎、娘のお栄(葛飾応為)、弟子らを主人公に江戸の風俗と浮世絵の世界を杉原氏ならではの多彩なタッチで描いた作品です。 娘のお栄は北斎の5人の子供(息子2人、娘3人)のうち3…

未読本が新刊書

一般的に言う新刊書だけでなく昔出版されて未だ読んでいない本が、私にとっては全て新刊書です。 海外ミステリー、時代小説好きですが、ほとんど一般的な新刊書を買うことはありません。 ちょっと昔の作品で読んでいない本の中から面白そうな本を探して、ア…

イスラム世界

イスラム世界の全体像を整理したく分かりやすいと評判の池上彰氏の本を市立図書館で借りようとネットで予約をしようとしたら人気の本らしく予約者が多く、私の番が回ってくるのは6箇月後になりそうだったので買うことにしました。 ただ、新品を買う気はしな…

怪談じゃなかった番町皿屋敷

一昨日、即買い即読みした岡本綺堂氏のキンドル電子書籍の 「番町皿屋敷」の余韻が今でも続いています。 番町皿屋敷と言えば、子供の頃にテレビで見た「いちまあーい、にまあーい・・・」の怪談と葛飾北斎の浮世絵「百物語さらやしき」をイメージします。 当…

時代小説の原点、岡本綺堂

昨日、小池百合子都知事の座右の書「失敗の本質」を買おうか迷いましたが、結局購入棚上げ。 江戸好き時代小説好きが勝り、代わりに岡本綺堂氏のキンドル電子書籍を購入。 なんと言っても200円という安さにもかかわらず、242作品も入っているので即買…

小池百合子都知事の座右の書

小池百合子都知事の座右の書「失敗の本質」がブームらしいですね。 読みたいけど、他に読みたい本が目白押しなので思案中! ★タバコは27歳頃に止めました。焼酎、ウィスキーを毎日飲んでいましたが、30歳頃にビール以外は飲まなくなり、今は、梅酒をちょ…

日本(ジツホン) → ジャパン

長年、英語で日本を何故「ジャパン・JAPAN」というのか疑問でした。 ネットで江戸時代まで「ジッポン」と言っていたという記事を見たことがあります。 「日」という字は、元日や本日のように「ジツ」と読みます。 ですから「日本」は「ジツホン」ですよ…

TSUTAYA → 浮世絵 → 蔦屋重三郎

レンタルビデオショップTSUTAYAを目にするようになったのはいつ頃だったでしょうか。 妙な屋号だなあと思っていましたが、浮世絵を見るのが好きな私が浮世絵の関連本を読む中で、江戸時代の浮世絵の版元として「蔦屋重三郎」という名前を度々目にする…

時代小説の三大巨匠、藤沢周平

藤沢周平作品大好物です。 時代小説の三大巨匠、私にとって時代小説といえば、山本周五郎、藤沢周平、池波正太郎の三氏がメインです。 三氏の作品は、テレビ、映画と過去及び現在何度も映像化され好評を博しています。 ベストセラー本やマンガでヒットした作…

クローム、キンドル電子書籍

ネットのブラウザはIE(インターネットエクスプローラー)を使っていましたが、動きが少し遅く若干ストレスを感じていました。 以前ネットでグーグル・クロームだと動きが速くなるという記事を思い出し、遅ればせながら今回クロームに乗り換えました。 I…

舟に八つの口、ノアの箱舟

詳しい内容は知らなくても、「ノアの箱舟」はほとんどの方が知っていることでしょう。 事実か、神話に過ぎないのか、過去及び現在も調査が行われているようですね。 真偽は別にして、旧約聖書の記事を見てみましょう。 写真は旧約聖書ノアの箱舟全文ですが、…

涙腺が緩む短編集・山本周五郎

時代小説好きです。 山本周五郎作品大好物です。 山本周五郎氏は、黒澤明監督の映画「赤ひげ」の原作者として有名ですが、直木賞受賞を辞退した反骨の作家としても知られています。 高倉健さんも山本周五郎作品を愛読していたようです。 山本周五郎作品、数…

北斎の作品は、渡るのは不可能な非現実の吊り橋か?

好きな江戸ものの一つに浮世絵がありますが、写真①は葛飾北斎の作品です。 もちろん、本物ではなく、雑誌をデジカメで撮ったものですが、解説には、「渡るのは不可能な非現実の吊り橋」とか「北斎の空想によって描かれた図」と書かれています。 (写真①) と…

人類最初の殺人事件、カインとアベル

テレビの月9ドラマでカインとアベルが放映されているようです。 見ていないので内容は全く知らないのですが、旧約聖書のカインとアベルをモチーフにしたドラマなのでしょう。 私にとってのカインとアベルは、聖書をモチーフにした20歳頃に見たジェームズ…

江戸っ子勝海舟と坂本龍馬

「氷川清話」は勝海舟晩年の語録です。 東京赤坂氷川町の氷川神社傍らの勝邸で、勝海舟の弟子などに語ったものだそうです。 坂本龍馬は、もちろん興味深い人物ですが、それ以上に魅力ある人物は勝海舟ですね。 江戸っ子勝海舟の時にべらんめい口調の切れ味鋭…

2本の木とロボット

神は、エデンの園の中央に「命の木」と「善悪の知識の木」の2本の木を生やしました。 神は「善悪の知識の木」を食べることを禁じ、「命の木」を食べることをおそれました。 因みに、「禁」という字がありますが、2本の木に示すと書かれていますね。 アダム…

江戸川乱歩ワールド

江戸川乱歩好きです。 テレビや映画で繰り返し映像化された江戸川乱歩作品ですが、一作品も見てないです。 放映当時、見ようという気持ちが何故か不思議と起きなかったですね。 どの作品も乱歩の妖しい世界、乱歩ワールドが繰り拡がれて面白いのですが、敢え…

落語を読む

江戸好きの私です。 落語を読んで江戸の風情を楽しみます。 落語が好きですが、落語をほとんど聞きません。 読んで楽しむ方です。 ★タバコは吸いません。酒はあまり飲みませんが、梅酒をちょっとだけ飲んでいます。趣味は、主に海外ミステリー、時代小説を読…

小池百合子総理大臣?

最近注目の小池百合子さんです。 勝手に私の小池百合子評をしてみました。 勿論、直接お会いしたわけでなく、メディアを通しての評価ですが、とにかく「しなやか」であるということです。 都知事選のときの石原慎太郎氏の「厚化粧」発言に対して「しなやか」…

クルド人

中東地域の紛争に絡んで国家を持たないクルド人のことをよくニュースで見聞きすることがあります。 船戸与一氏の「砂のクロニクル」は、イラン革命後のクルド人の国家樹立の物語です。 イラン革命当時の私は、23歳頃だったのですが仕事と遊びに忙しく、そ…

コーラン、カシアス・クレイ

昨日のブログにも書きましたイスラム教の信者数は、ブリタニカ年鑑2009年版では14億3410万人です。 イスラム過激派によるテロが頻発するなかにあっても、この信者数がますます増える傾向にあるとの情報に触れることがあります。 私が、中学生のと…

NHKスペシャル地球大進化

世界の宗教人口は、キリスト教22億5450万人(33.4%)、イスラム教14億3410万人(21,2%)、ヒンドゥー教9億1370万人(13.5%)、仏教3億8430万人(5.7%)、ユダヤ教1510万人(0.2%)となっています(出典「…

二十一回猛士

写真の吉田松陰の肖像画は、よく目にするものですが、29歳で亡くなったにしては随分老け顔だなあという印象ですね。 アメリカ渡航失敗、投獄など様々な困難にあったことを考えると、老け顔にもなるのかなあ。 因みに、この肖像画は、塾生だった久坂玄瑞が…

天網恢々疎にして漏らさず

「天網恢々疎にして漏らさず」(てんもうかいかいそにしてもらさず)この諺は、政治家が過去の収賄事件や銀行マンの横領事件がテレビなどで報じられるたび、私の頭の中でつぶやかれたものです。 「老子」が言ったものらしいですが、意味は、「天が張っている…

ボブ・ディランのノーベル文学賞

<ボブ・ディランのノーベル文学賞で思うこと> フォークソング全盛期、井上陽水や吉田拓郎などの歌を口ずさみながら高校生時代を過ごしましたが、その頃、ラジオから流れてくるボブ・ディランの「風に吹かれて」を聞いても、メロディと声が私には馴染めず、…