星 周作 Blog

★ 福岡より〇〇をこめて  ★

十字架刑とムチ打ちの苛酷

磔(はりつけ)には、色々な形態があったようです。

代表的なものは、十字形、T字形、I字形です。


f:id:hoshishusaku:20170512075910j:image

(出典:日本キリスト教団出版局・目で見る聖書の時代)

 イエスは、十字形で磔にされたとするのが通説ですが、エホバの証人ものみの塔)は「I字形」を主張しています。

個人的には、どちらでも構わないと考えます。

磔にされた本質が重要だからです。

磔の方法について、聖書のどの箇所にも詳しく記されていませんが、手首と足のくるぶしにクギが打たれたことが、パレスチナで発見された紀元一世紀の受刑者の遺体から発見されたそうです。

何故、聖書に磔の方法が詳しく書かれていないのか?

当時、磔は見せしめの為に公開で行われていたので、聖書記者もみんなが知っていることを殊更詳細に書く必要がなかったのでしょう。

私たちが、ウソをつくとき、本当らしく見せるために、要らぬ描写や脚色をするのではないでしょうか。

真実、事実である場合は、脚色などせずに事実を淡々と語ることでしょう。

このことは聖書全体についても言えることで、起こったことを淡々と記しています。


f:id:hoshishusaku:20170512103839j:image

(出典:講談社・図説大聖書)

エスは、磔の前にムチ打ちに処せられていますが、ムチには鋭利な物が埋め込まれていて、ムチがしなって顔に巻き付いたときに皮膚が裂け骨も見え、顔だちは損なわれ見るも無残な姿になっていた可能性があります。

このことが、イザヤによって預言され、旧約聖書イザヤ書52:14に書かれています。

口語訳聖書 ↓
f:id:hoshishusaku:20170512110354j:image
メルギブソン監督の「パッション」では、ムチ打ちのシーンが描かれています。

映画も公開当時、残酷なシーンと話題になりましたが、個人的感想は、映画よりも実際のイエスの方がもっと悲惨であったのではないかと推測します。


f:id:hoshishusaku:20170512103913j:image

下の画像は18世紀の無名の芸術家がつくったもので、十字架上に拷問の道具が集められています。

実際、拷問も行われていたようですが、イエスも拷問にあった可能性はあるでしょう。


f:id:hoshishusaku:20170512103935j:image

(出典:講談社・図説大聖書)

何故、イエス様は、このような残酷な刑に処せられなければならなかったのでしょうか。

この疑問に対する答えを知りたく、私は、聖書を学ぶようになったのかもしれません。

拙い私のブログを読んでいる方で、イエス様の十字架の意味を知りたい方は、聖書に触れてみてください。

聖書の学びによってイエス様の十字架の本質を理解した人達は、イエス様の人間に対する言葉では言い尽くせない深い愛に感謝し、老若男女問わず、むせび泣いて涙が止まらなかったと言います。

私もそうでしたが、今このブログを書いているときも、ムチ打ちと十字架刑のシーンを思うとき、胸にこみ上げてきて目頭が熱くなります。

 

★私は、聖書に書かれている内容を、誰が読んでも明らかに比喩的な言葉を除き、字義通り理解した上で信じています。したがって、創造主である唯一の神の存在を確信し、イエスをキリスト(救い主)と認める者です。しかし、カトリック教会等のいずれの教会にも属していない無教会者です。あらゆる新興宗教のいずれの信者でもありません★

・創造主だけが神

・万物・人間を創造せずして神たる資格なし

・商売繁盛の神、龍神など「○○神」と「神」の文字をくっつけても、万物を創造せずして神たる資格なし

・釈迦が万物を創造した方なら、釈迦を神と崇めますが、万物・人間を創造せずして拝む対象に非ず。

親鸞日蓮など、人格が高潔であり尊敬できる方であっても、万物・人間を創造せずして拝む対象に非ず。

☆星周作(HN)本名:馬場忠博:馬場聖書研究室☆

愛していればこそ!

貴女には、優しい夫がいます。

貴女の望むことは何でも叶えてくれます。

貴女が、何度か浮気をしても、その都度赦してくれます。

夫は貴女を愛しているでしょうか?

浮気さえ赦す夫の、貴女に対する愛を疑うでしょう。

真に貴女を愛していれば、貴女の裏切り、浮気(姦淫)を赦せないはずです。

健全な愛があるからこそ、配偶者の浮気(姦淫)に妬み(ねたみ)、嫉妬心が起こるものです。

神は私たち人間が考え及ばないほど、人間を愛しておられます。

愛していればこそ、他の偽りの神(宗教)の礼拝(霊的姦淫)を赦せないのです。

旧約聖書に次の聖句があります。

口語訳聖書(申命記4:16-19) ↓
f:id:hoshishusaku:20170511133944j:image

口語訳聖書(申命記4:23-24) ↓
f:id:hoshishusaku:20170511134059j:image

そうです、万物の創造主である神は「ねたむ神」です。

 

★私は、聖書に書かれている内容を、誰が読んでも明らかに比喩的な言葉を除き、字義通り理解した上で信じています。したがって、創造主である唯一の神の存在を確信し、イエスをキリスト(救い主)と認める者です。しかし、カトリック教会等のいずれの教会にも属していない無教会者です。あらゆる新興宗教のいずれの信者でもありません★

・創造主だけが神

・万物・人間を創造せずして神たる資格なし

・商売繁盛の神、龍神など「○○神」と「神」の文字をくっつけても、万物を創造せずして神たる資格なし

・釈迦が万物を創造した方なら、釈迦を神と崇めますが、万物・人間を創造せずして拝む対象に非ず。

親鸞日蓮など、人格が高潔であり尊敬できる方であっても、万物・人間を創造せずして拝む対象に非ず。

☆星周作(HN)本名:馬場忠博:馬場聖書研究室☆

広告を非表示にする

奇跡は必要ですか?

ある日、あなたの前に「わたしは神である」と言う人が現れました。

「わたしは神である」と語る言葉以外の会話の中で精神を病んでいる様子はありません。

面白半分に、又は疑りながら、「あなたが自分のことを『神』と言うなら、証拠を見せろ。神の業(わざ)を示せ、病人を癒して見せろ。」と誰でも問い詰めることでしょう。

奇跡を示せない者を誰一人として神とは認めないはずですね。

神をまだ知らない人の中で聖書を読んで、ノアの洪水、海が裂ける出エジプト、イエスの病人の癒しなどの奇跡をウソでっち上げと言う人と、奇跡を信じないで奇跡以外の聖書箇所だけを信じる人がいます。

「奇跡を起こすことができない者は神と認めない、奇跡を起こすことができて、はじめて神である」と誰でも言うはずですよね。

この誰でも言うはずのことが聖書には書いてあるのですが・・・。

また、奇跡を除いた聖書に価値はありません。

何故なら、神が存在しないことになるからです。

記憶に新しいトランプ氏のアメリカ大統領就任式の際、聖書に手を置いて宣誓する映像が世界に発信されました。

聖なる書です。

ウソでっち上げの書に手を置いて宣誓はしないですよネ。(笑)


f:id:hoshishusaku:20170510130140j:image

 

★私は、聖書に書かれている内容を、誰が読んでも明らかに比喩的な言葉を除き、字義通り理解した上で信じています。したがって、創造主である唯一の神の存在を確信し、イエスをキリスト(救い主)と認める者です。しかし、カトリック教会等のいずれの教会にも属していない無教会者です。あらゆる新興宗教のいずれの信者でもありません★

・創造主だけが神

・万物・人間を創造せずして神たる資格なし

・商売繁盛の神、龍神など「○○神」と「神」の文字をくっつけても、万物を創造せずして神たる資格なし

・釈迦が万物を創造した方なら、釈迦を神と崇めますが、万物・人間を創造せずして拝む対象に非ず。

親鸞日蓮など、人格が高潔であり尊敬できる方であっても、万物・人間を創造せずして拝む対象に非ず。

☆星周作(HN)本名:馬場忠博:馬場聖書研究室☆

 

広告を非表示にする

神の名 「わたしはある」

エジプトで約400年間、奴隷として苦しんでいたイスラエルの民を救うべく、神はモーセイスラエルの民のリーダーとして指名しました。

その当時のイスラエルの民の人口は約150万人から200万人です。

私の住んでいる福岡市の人口は約160万人ですが、モーセの背後に福岡市民と同人数の人々がいることを考えると、リーダーとして指名されたモーセの重圧は相当なものであったと推測されます。

リーダーと指名されたモーセは、イスラエルの民に神のことを説明しなければならず、その時の神との会話が旧約聖書出エジプト記3:13-14に書かれています。

口語訳聖書 ↓
f:id:hoshishusaku:20170509085301j:image

神はご自身の名を「わたしは、有って有る者」「わたしは有る」と言っています。

皆さん、この名前どう思いますか。

何か、違和感ありませんか。

聖書初心者であった頃、初めてこの神の名を

読んだとき、私は「えっ、これが名前? 何で、これが名前なんだ?」と思いました。

当時の私は、まだ聖書の神の存在を確信していません。

ただ、直感的に、これは、もしかして、聖書は本物かもしれない。

作り話なら、この聖書の作家は、普通の人間が理解できる名前を付けていたはずだと思いました。

この「わたしは有る」の解釈に古来研究者たちは頭を悩ましたようです。

旧約聖書は、そもそもヘブル語で書かれていますが、「わたしは、有って有る者」は、ヘブル語では「エフェ アシェル エフェ」です。

日本基督教団出版局・旧約聖書注解では次のように解説しています。

「『私は、私があろうとする者である/私は、私がなろうとする者になる』と解するのがいいだろう。神が何であるか、何となるかは神自身が決めることであり、何にもとらわれないと、神の自由が神によって宣言されている。」

この解説もわかったようなわからない、苦しい解説ですね。

この部分を、今では、私なりに理解していますが、ここでは、詳細は語りません。

誤解を恐れずに違う角度から解釈すれば、「わたしはいるよ。人間がわたしを信じていようがいまいが、わたしは、お前たちをいつも見ているよ。」と神様が言っているような気がします。

神は、時を空間を超えて存在する全能です。

人間が神の存在を否定し神を信じなくても、神は絶対的存在です。

神はいます。→「わたしはある」です。

皆さんはどう解釈しますか。

聖書を手にとって、あなたの答えを発見してみたらどうでしょうか。
f:id:hoshishusaku:20170509092053j:image

★私は、聖書に書かれている内容を、誰が読んでも明らかに比喩的な言葉を除き、字義通り理解した上で信じています。したがって、創造主である唯一の神の存在を確信し、イエスをキリスト(救い主)と認める者です。しかし、カトリック教会等のいずれの教会にも属していない無教会者です。あらゆる新興宗教のいずれの信者でもありません★

・創造主だけが神

・万物・人間を創造せずして神たる資格なし

・商売繁盛の神、龍神など「○○神」と「神」の文字をくっつけても、万物を創造せずして神たる資格なし

・釈迦が万物を創造した方なら、釈迦を神と崇めますが、万物・人間を創造せずして拝む対象に非ず。

親鸞日蓮など、人格が高潔であり尊敬できる方であっても、万物・人間を創造せずして拝む対象に非ず。

☆星周作(HN)本名:馬場忠博:馬場聖書研究室☆

 

ラブストーリー

「神はそのひとり子(イエス)を賜わったほどに、この世(人間)を愛して下さった」と新約聖書ヨハネによる福音書3:16にあります。

口語訳聖書 ↓
f:id:hoshishusaku:20170508081807j:image

 

聖書は、神の人間に対する壮大なラブストーリーです。

 

繰り返される人間の神への裏切りと反逆(偽りの神への礼拝など)にもかかわらず、被造物の人間を愛し尽くすラブストーリーです。

 

ラブストーリー聖書を手にしてみませんか。

 

次の聖書入門書をお勧めします。

公立図書館を利用するのもいいでしょう。


f:id:hoshishusaku:20170508080519j:image
f:id:hoshishusaku:20170508080539j:image
f:id:hoshishusaku:20170508080557j:image
f:id:hoshishusaku:20170508080616j:image
f:id:hoshishusaku:20170508080635j:image
f:id:hoshishusaku:20170508080658j:image

 

★私は、聖書に書かれている内容を、誰が読んでも明らかに比喩的な言葉を除き、字義通り理解した上で信じています。したがって、創造主である唯一の神の存在を確信し、イエスをキリスト(救い主)と認める者です。しかし、カトリック教会等のいずれの教会にも属していない無教会者です。あらゆる新興宗教のいずれの信者でもありません★

・創造主だけが神

・万物を創造せずして神たる資格なし

・商売繁盛の神、龍神など「○○神」と「神」の文字をくっつけても、万物を創造せずして神たる資格なし

・釈迦が万物を創造した方なら、釈迦を神と崇めますが、人格がいくら高潔であっても、万物を創造せずして崇める対象に非ず。

☆星周作(HN)本名:馬場忠博:馬場聖書研究室☆

広告を非表示にする

あなたは誰に似ていますか?

まだ、聖書に触れたこともなく、もちろん神も知らなかったとき、何かの本で「神は自分のかたちに人を創造された」という言葉を目にしましたが、「へえ、そうなのか、ホンマかいな?」と、つぶやきましたが、深く受け止めることはありませんでした。

口語訳聖書(創世記1:27) ↓
f:id:hoshishusaku:20170507094842j:image

それから数年後、聖書自体ではなく、聖書入門書を読む機会が巡ってきて、再度、この言葉に触れたとき、ちょっとした疑問を持つようになりました。

「神は自分のかたちに人を創造された」とあるが、別の聖書の箇所では「神は霊である」(ヨハネによる福音書4:24)「神を見た者はまだひとりもいない」(ヨハネによる福音書1:18)などの聖句が出てくると、「神は自分のかたちに人を創造された」という言葉と矛盾があるような気がし、頭が混乱しました。

混乱はしましたが、さほど気にすることもありませんでした。

それから数年の年月が経ち、聖書を本格的に学ぶようになり、学びが深まるにつれ、「わたし(イエス)を見た者は、父(神)を見たのである」(ヨハネによる福音書14:9)という聖句に導かれ、イエスを知ることにより神を知ることができるようにもなり、「神は自分のかたちに」似せて創造してくださったことの計り知れない重みと人間に対する神のあふれる愛を知るようになり、神に深く感謝するようになりました。

「神は自分のかたちに」とは、どういう意味を持つのか、わたしなりの答えを持っていますが、敢えて、ここでは書かないでおこうと思います。

聖書に触れる各人が聖書を学ぶうちに発見すれば良いのではないかと考えています。

聖書に触れたこともない方でも、知っている有名な聖句があります。

「求めよ、そうすれば、与えられるであろう」

口語訳聖書(マタイによる福音書7:7) ↓
f:id:hoshishusaku:20170507122139j:image

文語訳聖書では、「求めよ、さらば与へられん」です。

文語訳の方が、味わいがありますね。
f:id:hoshishusaku:20170508051813j:image

今はまだ神を信じていない方も、潜在的に神を求める心があって、あなたにとっての時が来て、神を探し「求め」れば、答えが与えられます。

わたしも、神を知らないときから、神を知りたいという「求める」欲求が心の奥底にあり、神がその求めに応じてくださり、徐々に、わたしに「与えて」くださったと、今では考えています。

〈追伸〉

わたしたちは、親に似ています。

何故でしょうか。

当たり前でしょうか。

創造主である神の賜物です。

神からのプレゼントです。

(ほとんどの親は)自分に似た子供を見ていて、愛おしさがつのります。

神も、ご自身に似た人間を見つめて、愛おしさをお持ちです。

「神は自分のかたちに人を創造された」という言葉は、神と人間の関係を全て言い表しており、聖書の内容自体も結局この言葉に帰着するような気がします。

 

★私は、聖書に書かれている内容を、誰が読んでも明らかに比喩的な言葉を除き、字義通り理解した上で信じています。したがって、創造主である唯一の神の存在を確信し、イエスをキリスト(救い主)と認める者です。しかし、カトリック教会等のいずれの教会にも属していない無教会者です。あらゆる新興宗教のいずれの信者でもありません★

・創造主だけが神

・万物を創造せずして神たる資格なし

・商売繁盛の神、龍神など「○○神」と「神」の文字をくっつけても、万物を創造せずして神たる資格なし

・釈迦が万物を創造した方なら、釈迦を神と崇めますが、人格がいくら高潔であっても、万物を創造せずして崇める対象に非ず。

☆星周作(HN)本名:馬場忠博:馬場聖書研究室☆

聖書は真実の書ですか?

聖書の天地創造ノアの大洪水、バベルの塔出エジプトの奇跡、イエスの奇跡など作り話だという、大勢の人がいます。

同じように、聖書写本は、何度も写本されるうちに一部書き換えられた物もあると主張する人もいます(参考:わたしたちに伝えられた聖書はすべて写本であって、原本は存在していません)。

このような人たちが主張するように、聖書は真実の書ではないのでしょうか。

わたしは、真の神を信じる者たちが、どのような者たちか知らない人たちの主張だと考えます。

なぜなら、真の神を信じる者は、神の栄光をあがめ、神を恐れる者たちです。

神の御前で、ほんの些細なウソ偽りを語ることを誰よりも最も恐れる者たちです。

日常生活上の事柄ならいざ知らず、神の栄光、権威に関わることについてウソ偽りなど語ることは断じてないからです。

モーセイスラエルの民に命じたことが、旧約聖書申命記4:2に書かれています。

口語訳聖書 ↓
f:id:hoshishusaku:20170506093741j:image

イスラエルの民にとって聖書は、まさに聖なる書(巻物)です。

書き写す際には、管理者や他の民に厳しくチェックされたはずです。

モーセの命令を厳格に守ったはずです。

殉教者を思い出して下さい。

名も知れぬ日本のキリシタンを思い出して下さい。

迫害や苦難にあっても、神に背を向けることなく、神に忠実であったことを。

現代のように紙が豊富にあり、猫も杓子も本を出版し、スマートフォンを使って簡単につぶやくことが出来る時代と異なった古代に、神に信仰があったわけではない人たちが書いた、文字通り神話のギリシア神話と全く異なる聖書を、高価な羊皮紙やパピルスを使って、真の神に信仰を持つ神を恐れる者が、わざわざウソ偽りを語る必要性は全くなかったはずです。

百歩譲って、ほんのわずかな過ちがあったとしても、創造主である神及びイエスの教えを否定するものでなければ、聖書の価値が減ぜられるものではありません。

聖書記者の一人であるパウロは、新約聖書ローマ人への手紙9:1で次のように語っています。

口語訳聖書 ↓
f:id:hoshishusaku:20170506100618j:image

 

★私は、聖書に書かれている内容を、誰が読んでも明らかに比喩的な言葉を除き、字義通り理解した上で信じています。したがって、創造主である唯一の神の存在を確信し、イエスをキリスト(救い主)と認める者です。しかし、カトリック教会等のいずれの教会にも属していない無教会者です。あらゆる新興宗教のいずれの信者でもありません★

・創造主だけが神

・万物を創造せずして神たる資格なし

・商売繁盛の神、龍神など「○○神」と「神」の文字をくっつけても、万物を創造せずして神たる資格なし

☆星周作(HN)本名:馬場忠博:馬場聖書研究室☆